膝痛を解消!ランニング

ランニングによる膝痛の原因

健康維持のためにランニングをはじめて、膝を痛めたという方もいるでしょう。これは、変形性膝関節症の場合もあれば、スポーツ障害のひとつでもあります。

変形性膝関節症は基本的に新陳代謝の低下が原因でもありますが、ランニングをしているかぎり、新陳代謝が低下しているとは思えません。
実は、ランニングのスタイルが間違っていると仮定できるかもしれないのです。
また無理したランニングならば、スポーツ障害とまではいかなくても、大腿部外側を走る腸脛(ちょうけい)靭帯に炎症が生じるために、膝までにおよぶ靭帯の上に被さった膝が痛みを生じ、膝痛が発症する場合が多いです。
また膝のお皿と大腿骨が擦れ合う状態でもあるため、膝痛が発症するという場合もあります。

膝痛の原因となる箇所は、大腿骨と脛骨の間の膝蓋骨の間の隙間から痛みが生じると過程できます。

すぐに医者にいって直ったとしても、またランニングを再開して同じ痛みを生じることとなれば、膝痛が完治したとしても、おなじ痛みをまたくりかえすおそれもあります。

ランニングからの膝痛予防

ランニングで同じ膝痛を感じないためにも、膝を鍛えることが必要です。
これは、ストレッチや体操はランニングをする前には基本的に出来ていると思いますので、
膝をきたえるスクワットをすることをお勧めします。

スクワットとは屈伸運動で、膝に直接きくというのではなく、膝の周りの関節を守る筋肉をきたえることによって、マラソンのときでも関節に影響が及ぼされないようにするためです。すると膝痛を予防できると仮定できます。

代表的なのが、足を肩幅に広げて、両手を頭の後ろにあて、立った姿勢から呼吸しながらしゃがむように、膝をまげてのスクワットです。

20〜30回ぐらい無理がない程からはじめて徐々に回数を増やしていくと膝の上の太ももの筋肉が鍛えられて、膝痛の予防になると思います。

ランニングからの膝痛予防

ランニングの膝痛予防でスクワットを紹介しましたが、ランニングのスタイルに過ちがあると最初に過程しました。

それは、靴に影響があるのではにかということです。インソールとよばれる靴の中敷は足裏にとってクッションのようなもので、走る時、そのクッションがあるから、体重が運動しているとき足裏で支えるだけでは直接膝や脚に影響がくるわけで、クッションであるインソールが大切になります。
インソールは人それぞれによって違ってくるので、靴選びが重要になってくるのです。

そういったことでも、整骨院にいけば、相談にのってくれるところがあるかと思いますので、膝痛を感じたときは、医療機関にて通ってみたとき、相談してみるのもいいかもしれません。


ページトップへ

フッターメニュー

Copyright © http://hizaita.xrea.jp/ All Rights Reserved.